Mineprinting〔Minecraftで始める3Dプリントの世界〕その10 – Minecraftで3Dプリント、成功か?!

Mineprinting〔Minecraftで始める3Dプリントの世界〕その10 – Minecraftで3Dプリント、成功か?!
2016.4.25 Mineprinting〔Minecraftで始める3Dプリントの世界〕その10 – Minecraftで3Dプリント、成功か?! はコメントを受け付けていません。 Mineprinting〔Minecraftで始める3Dプリントの世界〕 yujihase

M3Dメインの投稿が続いてしまったので
Minecraftの3Dプリントに話を戻そう

Minecraftはもとのグラフィックがカクカクなんだから
高性能な3Dプリンタじゃなくてもいいだろう

何度もくり返すけどM3Dを選んだ理由がそれだ

しかしM3Dもちゃんと使えばそんな悪いもんじゃない
ということが分かってきた

積層解像度も50〜350μmと謳われている

つまり1ブロックを細かく印刷すれば
カクカクではなく滑らかな造形にできるのでは?

前回は1ブロックあたり2mmで印刷した
m3d-minecraftfinished
(色々と残念な失敗例)

今回やるのは1ブロックあたり0.5mm、精密さは4倍に
これでも積層解像度の下限である350μm(0.35mm)よりは
まだまだ荒いし問題ないだろう

Minewaysで以前とは別の範囲をやや広めに指定
mineways2

高精細にすると、より広い範囲を印刷できるようになる
むしろそうしないと造形物が小さすぎて面白くない

拡大
mineways2zoom

0.5mmで3Dデータを作成
minecraft2-minewaysinfo

M3Dのソフトウェアで読み込んで
m3d-mineways2

印刷開始、オプションは
〈Print Quality: Medium〉
〈Fill Density: Fast〉
m3d-mineways2options

印刷終了
minecraft2

拡大
minecraft2zoom

お?

わりとそれっぽい?

海にそびえる山に見えるような見えないような
木々がなく単調な地形だったことも幸いして
ようやくほっとできる感じになった

でも世界の皆さんの3D作品とは比べるまでもなく
まだ入り口も入り口
それは自分でもよく理解している

3Dプリントは奥が深い

材質や温度の違いで仕上がりがまるで違う
もちろん3Dプリンタの機種、ソフトウェアの品質も

同じ手順で進めているのに条件や環境で結果が全く異なる
これはプログラマという人種がまさに苦手とする分野

気易く首を突っ込んでいい代物じゃなかった
苦しみを克服して素敵な造形物を
印刷できるようになる日は来るのだろうか

 

Tags